インターネットの持つ影響力

MENU

インターネットの持つ影響力

30代女性の方より頂いたメッセージです。

インターネットが普及する前の時代は、世界はもとより、国内の事についても、知らないことが多かったように思います。あれってどうなんだろう、これってどうなんだろう、と思っても、簡単に情報にたどり着くことができません。

 

本格的に調べるとなれば、書籍を購入したり、知識を有した人に尋ねるなどして、それ相応の労力が求められることになります。そのようなコネクション(人や、書籍など)にたどり着くためにも、またコネクションが必要なわけで・・。興味を抱いたにもかかわらず、やがては(興味を)失っていく、ということが頻繁に起こっていたと思うんですよね。

 

それが、インターネットのおかげで、興味を抱いたこと、疑問に感じたこと、などをあっという間に検索することができるようになりました。

英語学習の強力な助っ人

英語学習

一つのトピックに対する検索結果も膨大な量で、そこから比較検討しながら、自分に必要な情報を取捨選択することができます。インターネットが出始めたころは、通信品質がそれほど良くはなく、かなり待たされることも多かったと聞きますが、今ではわずかな時間で検索結果が表示されるようになりました。また、スマホなどのモバイル機器の発展に伴って、いつでもどこでも自分の好きなタイミングで検索できるようになりました。

 

今の時代、インターネットがなければ、情報量で大きな差が発生するといっても過言ではなく、ひいては、人生におけるチャンスや可能性において大きな差が生じることになります。間違いなく、現代においてはインターネットは必須の要素であり、ライフラインと化しています。

 

極端な話として、今、急にインターネットが使えなくなれば、現代社会は機能しなくなるでしょうね。それくらいインターネットの影響力は大きいわけです。ちなみに、今私が、インターネットの活用で最もありがたいと思っているのが、英語学習です。

 

具体的には、動画投稿サイトなどで、海外の人が発信している動画を視聴し、そこで、ネイティブの人たちの生の英語に触れる、ということです。学習用の英語教材も、もちろん英語力の向上に役立ちますが、動画投稿サイトの英語っていうのは、もう本当にリアルな英語なんですよね。

 

会話のタイミングや、間のつなぎ方、リアクションの大きさ、などなど、教材では見られない、リアルな現地人の振る舞いに触れることができるのです。しかも、動画投稿サイトには、コメント機能が備わっているので、自分の感想などを投稿することができます。

 

その感想に対して、返信が来ることもあるわけですが、世界中の人たちとこういったやり取りができるのは、非常に大きな経験となっています。まず単純に自分の英語が正しく伝わっていることがうれしいですし、自分のコメントに興味を持ってくれたこともうれしいです。英語学習で重要なのは、やっぱりリアクションであり、コミュニケーションであり、この時の感情が、学習を維持する上でのモチベーションになると思うのです。ただ、このような場で発言するときには、細心の注意を払うようにしています。

自分が日本人の代表であるという意識は大切

日本

特に自分が日本人であるということを明かす場合には、間違った情報や、誤解を生む発言は絶対に発しないようにしています。こういうところから、変な認識が広まってしまう可能性がありますからね。例えば、海外の人たちの中には、いまだに侍がいると思っている、という人が、少なからず、いるようで・・。

 

インターネットの普及に伴って、世界の情報を簡単に手に入れられるようにはなったものの、関心のない人たちからすれば、情報をアップデートするようなことはありません。要するに、誤った認識をずっと持たれてしまう可能性があるのです。

 

そのようなことのないように、英語で発言する際には、事実に基づいて、簡潔に述べるようにしています。また、翻訳機能なども活用して、うまく英語に変換できているかどうかも確認します。

 

この時重要なのが、まずは適切な日本語に変換する、ということです。私たちが普段使っている、ラフな日本語を、そのまま英語に変換しようとすると、なかなかうまくいきません。主語や述語を明確にした適切な(ある意味、カタコトの)日本語に変換すると、きれいな英語に変換しやすいです。そうやってできた英語は、海外の人たちにもうまく伝わる傾向が強いですね。これは私の持論であり経験論です。先ほど、インターネットのおかげで、可能性やチャンスが広がると述べましたが、これは英語にも当てはまることです。

 

英語ができれば、可能性やチャンスは劇的に広がりますよ。ただ、あまりにもインターネットに依存するのもどうかとも思っています。インターネットは現代人にとって、もはやライフラインと化していますが、ある日突然使えなくなれば、社会機能は維持できません。それに、ここ数年で、全世界的にいろいろと、不安定な世の中になってきていますし・・。要は、インターネットなどのデジタルと、昔からあるアナログとのバランス感覚が大切だと思うのです。