ADSLの乗り換えをしたら、キャンペーンが適用されずに損した話

MENU

ADSLの乗り換えをしたら、キャンペーンが適用されずに損した話

50代男性の方より頂いたメッセージです。

携帯電話会社の引き抜き合戦が激しくなった昨今、機種変更して端末を新調するより、他社に乗り換えた方がお得なケースがほとんど。
新しいモデルが欲しくなったら他社に乗り換えるという人も少なくありません。
実はこれ、インターネット回線でも同じような現象が起きていました。
当時は契約期間というものがあったので、契約期間(大抵2年)が切れる度に他社に乗り換えていました。
ところが一度、乗り換えキャンペーンが適用されずに損したことがあります。
その時の体験をお伝えしますね。

契約期間満了と共に

マンション

当時私はADSLを利用していました。
私の住んでいるマンションは光回線に対応していなかったのと、当時は固定電話を引いていたのでADSLを利用していました。
ADSLは固定電話の電話回線を利用するものなので、元々固定電話を引いている人なら安く利用出来ますから。
通信速度は速くありませんが、私は特に不満を感じていませんでした。
ADSLは電話基地局までの通信速度に大きな影響を与えるのですが、私の自宅から電話基地局までは約2.5km程度。
この距離だったら下りで6〜8m/bps、上りで1~2m/bpsぐらいは出ます。
この通信速度だったら動画視聴程度なら問題なくできますし、固定回線なので通信量制限等もなく使い放題。
ただアップロード速度は遅いので、友人にファイルを送る際は困ったことがありましたけどね。
ただその機会は月に1回あるかどうかでしたし、基本的にそれ程不満なくADSLを使い続けていました。

 

ADSLの月額料金は大体2000~2500円ぐらい。
乗り換えをするとキャンペーンが適用されて半年間月額料金無料になったり、10か月後に1〜2万円キャッシュバックされたり、月額料金が1480円になる等のキャンペーンを受けられました。
当然ずっと同じ会社のADSLを使い続けるより、契約期間満了毎に他社へ乗り換えていく方がお得になります。
その点は理解していたので、2年毎にADSL会社を乗り換えていました。

 

こうしてADSLの乗り換えを繰り返していたのですが、とあるADSL会社(否定的な内容を含むので、会社名は伏せておきます)に電話で問い合わせをしました。
そのADSL会社は2年前まで利用しており、今回の乗り換えは再加入となります。
2年ぶりの再加入でもキャンペーンが適用されるのか気になったんです。
というのもキャンペーン適用条件の中に「これまで利用経験のない方限定」等の文言があったりします。
もしそうだったら、今回の再加入は適用されないかもしれません。
一応ネットで確認したところ、そういった文言は記載されていません。
でももしも?の事があります。
もしキャンペーンが適用されなかったら、乗り換えせずにこのまま使い続けた方が得という最悪の結果を招いてしまいます。
そう思って最終確認の為、電話をして直接オペーレーターに尋ねました。

このオペレーター大丈夫か?

警戒心

すぐオペレーターに繋がったのですが、そのオペレーターが普通じゃなかったんです。
その方は女性だったのですが、気怠そうに話していました。
正直、コイツで大丈夫か?と思ったほど。
でもこちらは尋ねる側ですし、下手に出て懸念事項を尋ねました。
今の私だったら、お前じゃ話にならん!上の人呼べ!ぐらいの事は言ってたと思いますが、当時の私は20代の若造です。
そんな事言えるわけもありません。
それに相手は怠そうにしているとはいえ、一応はプロ。
質問に答えるぐらいの事は出来るし、どうせ契約はネット上でするしと思ってそのまま質問を続けました。

 

オペレーターからは、再加入でも問題はなくキャンペーンは適用され、月額料金は1480円となり、10か月後には1万円のキャッシュバックももらえるとのこと。
一応こちらのADSL会社に電話をする前に他社の乗り換え条件も調べましたが、この条件ならここが一番良いことは調べてありました。
そう思ってネットから契約しようと思ったのですが、なんとオペレーターから意外なことを言われます。
その言葉とは「今この場で契約なさっていただけるとキャンペーン適用とあるのですが、電話をお切りになるとキャンペーン適用の資格を失います」というもの。
これが本当かどうかわかりませんが、仮に本当だったら大損してしまいます。
ただすでに他社の乗り換え条件は調べてありますし、あとは電話を切ってネットで手続するだけ。
このまま電話で契約をしても問題ないのでは?と思い、契約をしました。
もちろんこのまま電話で契約しても、キャンペーンが適用されるかの確認もした上で。

 

こうして乗り換え手続きは済んだのですが、初月は銀行口座から4500円程引き落とされました。
初月はインターネット利用料金だけでなく、事務手数料なんかもあります。
結果、この料金になったのだろうと納得しましたし、とりあえず銀行口座の引き落としがちゃんとされている事は確認しました。
そこで一安心だと思って放置。
半年経過した頃に通帳の記載をしたので、その時に明細をチェック。
するとADSL会社から毎月4000円程引き落とされているではありませんか!
え?初月はともかく二か月目以降は1480円じゃ?
なんで4000円も?とパニックに。
すぐADSL会社へ問い合わせをしました。

ふざけるな!!

激怒

調べてもらった結果、私はキャンペーン適用されていませんでした。
手続きをしたオペレーターが、わざわざキャンペーン適用されない条件で契約手続きをしていたんです。
初月の4500円も、工事費3000円+1500円(月額料金日割り)だったので4500円だったとのこと。
どうにかして!と言ったのですが、すでにキャンペーン期間は過ぎており、当時の条件では加入出来ませんと言われました。
しかもこれまで余分に支払ってきた分は戻ってこないとも言われました。

 

私はそちらの責任だろう!と食い下がったのですが、向こうはガンとして引きません。
今更電話内容の確認もできませんし、どちらに非があるかわかりませんの一点張り。
最終的に向こうから提示された折衷案は、今行っているキャンペーンを適用して加入というもの。
適用されるのは来月からとなり、今月は4000円のままとのことでした。
それでもこのまま毎月4000円支払い続けているよりはマシですし、それでお願いしました

 

結局月額料金は1480円ではなく、2180円に。
キャッシュバックは行われずという最悪の結果になりました。
しかも2年契約なので、2年以内に他社へ乗り換えると違約金の支払いが発生します。
そのまま毎月4000円支払い続けるよりはマシになったといえ、加入時に思い描いていた料金とは大違い。
ADSLの乗り換えで大損をしてしまいました。