インターネットの過去を綴る人々

MENU

一人ひとりの異なる経験

人々の歴史

インターネットが世界に与えてきた革新的な影響は計り知れず、今なお進化し続け私たちの生活を支えています。それはきっと未来においても同じ事でしょう。インターネットという大きな世界の輪が地球の人間を繋ぎ、次なる文明へと導いてくれます。

 

私もインターネットの誕生から現在に至るまでを知る人間の一人ですが、このサイトではそれが個人に与えた影響について、直接その人たちからお話を聞き皆さんにお届けしたいと思っています。

 

時代の変化と共に変わったインターネットの歴史に翻弄された人々。上手に活用し時代の波に乗ることができた人々。生涯を左右する運命の出会いを経験することができた人々。回線業者に酷い目に遭わされた人々。便利な分だけ闇も深いインターネットの海の上で、小さき私たちがどのような人生を送ってきたのか。そんな体験記を1件1件綴るのが当サイトです。

インターネットが私にもらたした最大の恩恵

これは私からのメッセージです。

小学四年生の頃、ある日、私の家に本格的なパソコンが届きました。父親が家族に何も言わずに勝手に購入したものでしたが、どうやらディスプレイは会社から使わなくなったものを貰ってきたそうで、私は初めて見る本格的なパソコンにワクワクしていたのを今でもよく覚えています。

 

当時はまだブラウン管のモニターが当たり前でしたので、本体を横に置いて隣に30cm四方ほどあるサイズのディスプレイを設置。そのためには、専用のラックを購入する必要があり、ある時、リビングに忽然と現れたパソコンラックに私は衝撃を受けました。

代償となった身体能力

退化する肉体

数年後、私は立派にパソコンを使いこなせる子供へと変貌を遂げ、学校の授業で教わったタイピングのスピードを家族たちに自信満々の笑顔で披露します。パソコンを会社から貰ってきた父親よりもタイピングのスピードが速くなったことで、変な自信を付け、毎日1時間ほどという短時間でしたが、ネットサーフィンをしてあらゆるブログを訪問し、同じぐらいの年代の人のブログにコメントを書き込んだり、少し変わったブログの面白い記事を読んでよく笑っていたものです。

 

高校生にもなると、私はついにオンラインゲームに時間を費やすようになります。ずっとやってきたスポーツを捨て、MMORPGに打ち込むようになったしまったのです。おかげで身体能力は下がる一方。体力テストのときには、50m走は1秒、1.5kmの持久走は2分も遅くなり。たった1年間運動をしないだけでこれだけタイムが落ちるのかと絶望もしました。

 

しかし、それ以上にオンラインゲームは私を魅了してくれたものです。なぜなら、そこには無限のやり込み要素と、全国中のプレイヤーが存在するのだから。

私が商人となったきっかけ

商売人

オンラインゲームと言えば、仲間と一緒にダンジョンを攻略し、ボスを倒す達成感を得て、さらにご褒美となる報酬ガチャを楽しむもの。もちろん、狙っていた報酬が貰えなくても、何度も挑戦することで、ポイントが貯まって行き、やがては好きな景品を獲得できる。そんな中毒性の高いシステムが当たり前。高校生だった私は、それはもう毎日鬼のようにゲームに熱中し、今で言う依存症の状態にまで陥っていました。ただし、課金というものに対するハードルだけは当時異様に高かったため、お小遣いをジャブジャブ使ってしまうような酷い状態にまで進まずには済みましたが...

 

そんなオンラインゲームの中で、私はある時、「相場」という概念に気付き始めます。

 

ゲーム内のとあるマーケットAで販売されているありきたりな商品。それは、体力を一定の割合回復させることができるポーションでしたが、明らかにぼったくりな価格で販売されているのです。「こんなぼったくり商品誰が買うのか」そう思い、初めは私もスルーしていましたが、翌日、なんとなくまた同じマーケットに足を運ぶと、そこには完売となっていたぼったっくり商品の痕跡が残っているではありませんか。

 

「なぜ、あんなポーションがあんなにも高額な値段で完売できるのか?」当時は疑問に思ったものです。しかし、これはきっと複数のアカウント間でアイテムとお金を移動させているだけではないかと考えた私は、それを確かめるため、定期的にそのマーケットに足を運ぶようになりました。

ぼったくりのポーションが完売する本当の理由

ポーション

翌日、さらに翌々日、毎日のようにマーケットを監視していると、意外な事実が見えてきます。

 

どうやら、そのぼったくりのポーションは、同じ人が複数のアカウントを使ってお金を移動させているのではないようです。むしろ、毎回全く別の人間が、その商品を本当に欲しているからこそ購入しているという事実が見えてきました。なぜなら、この現象はこのマーケット以外では一切起きていないからです。

 

当時の私は高校から帰宅する度に必ずパソコンを起動させておりましたので、ゲーム内のすべてのマーケットを毎日のように巡回しチェックしていました。その結果、ぼったくり価格で販売され全て売り切れるという現象は、人の流動が激しいマーケットでしか起きていないことが分かったのです。

 

しかし、実はそのぼったくりポーション。本来の入手手段は遠く離れたマップへ自分で足を運べば50分の1程度の価格で手に入る代物。それでも、面倒臭いからというただそれだけの理由で50倍の料金を支払って購入する人が多数存在するという事実を知り、私は初めて相場という概念を理解することができました。

 

マーケットAはお客さんの数が圧倒的に多く、全マーケットの相場よりも明らかに高額な値段で物を売ろうとしても、完売させることが可能。しかし、マーケットZなどとなると、客足が極端に減ってしまい、むしろ安くしてもなかなか売れないという現象が発生する。お客さんの心理としては、最も入口から近いマーケットAで簡単に購入できるのであれば、値段がぼったくりでも気にせずに買ってしまうが、わざわざ過疎化しているマーケットにまで足を運ぶのは面倒臭いし、遠く離れたマップに移動するのも非常に面倒臭いため、それらのエリアでは値段が相場以下であっても買いたくない。ということだと理解できたのです。

 

そこで、自分でも同じようにマーケットAにお店を出したいと考え、人生で初めてコンビニで課金カードを購入し、ぼったくり露店のマネをしてみました。すると、同じような結果が顕著に表れたのです。喜んだ私は、そのまま地道に商品を揃え、ぼったくり価格による出品を何百回と繰り返し、やがてオンラインゲームの世界でまとまったお金を手に入れることに成功しました。

成功体験が人生を豊かにしてくれる

豊か

もちろん、お金というのはあくまでもゲーム内通貨のことですので、現金を手に入れたわけではありません。しかし、それでも自ら調査し、実験を成功させたことで、これが商売の基本なんだということを知ることができたのです。

 

実際にそうではありませんか?世間では転売がよく非難されておりますが、実はあれこそが商売の基本。海外で安く仕入れた商品を国内に輸送し、手間賃などを上乗せして販売し、利益を得る。小売業者もやっていることは同じです。メーカーから仕入れた商品を自分のマーケットで販売するときに色を付けますよね。そうして初めて利益を出すことができるもの。

 

こんな当たり前のことを、私はインターネットを通じてオンラインゲームという世界で自ら学習することができ、とても幸せ者だったと思います。

 

その後の私は、転売で稼いだ資金でさらに単価の高い商品を仕入れ、完売に次ぐ完売を繰り返し続けることで、ゲーム内通過で何億もするような超高額な商品を、幾度となく取引するのが当たり前のプレイヤーへと育っていきました。また、資金の調達方法に関しては、転売以外にもイベントを活用した新しい手段を見つけ、それを繰り返すことで瞬く間に豊かになっていったものです。そう、MMOPRGという世界の中で、いつの間にか、私は勇者や冒険家ではなく「商人」という職業を選択していたのです。

 

あれから二十年。私はもう歳を取り、オンラインゲームのような莫大な時間を消費するゲームに熱中することはなくなりましたが、今の人生において、間違いなくあの時の経験が役に立っていると自負しています。

 

疑問に思った現象に目を向け、その理由を頭で考え、足を使って調査する。現場では様々な人々の声に耳を傾けることで、その疑問に対する答えが少しずつ見えてくるものです。「なぜ?」という言葉は、人にとってとても重要なもの。この疑問が生じるからこそ、人は次のステージへと自分を進化させることができるのだと、私は高校生の時に身を持って学ぶことができました。

 

おかげさまで、現在の私の収入は同世代の人たちよりも一回り多く、職場でのコミュニケーションにおいても、当時加入していた社会人ギルドのおかげで何不自由なく円滑に取れております笑 相手が喜ぶ反応は何か。相手のあの言動の理由はなぜなのか。このようなことでも、試行錯誤を繰り返すことで人生は大きく変わっていくものです。そして、本気で向き合い続けていけば、本音で親しくなれる相手と出会うこともできます。

 

すべては、あの時、私をオンラインゲームの世界へと導いてくれたインターネットのおかげです。インターネットという概念を生み出してくれた天才に心からの感謝を。

インターネットの未来

たくさんの恩恵をもたらしてくれたインターネットですが、近代では本当に多くの関連サービスが社会中で活躍されています。そんな中でも、次の世代の主流となる画期的なサービスをピックアップしてみました。

『WiMAX』
全国各地でスマホやノートパソコンを簡単に高速インターネット接続できる画期的なサービス。光回線のように面倒な工事が一切不要で、SIMカードをルーターに挿すだけで契約したその日からネットを使うことができます。プラスエリアモードというau回線が無料で使えるプロバイダもあるので、興味のある方はWiMAXプロバイダのおすすめはどこ?というサイトをご覧ください。

『Amazon Prime』
国内のどこに住んでいても欲しい商品を手に入れることができるオンラインショッピングのAmazonから、より価値の高いオプションサービスが誕生しました。Amazon primeでは、映画、ドラマ、アニメなど様々なコンテンツを無制限で視聴することができるほか、Amazonで購入した商品を送料無料でお届けしてくれるサービスや、運送業者の配達日時を細かく指定できるオプションまでセットで付いてきます。詳細はAmazonの公式サイトでご確認ください。

『インターネットバンキング』
通常、銀行が開いている時間は平日の日中のみ。しかし、労働者からすれば、なかなか行くタイミングが作れず困惑されている方も多いでしょう。しかし、インターネットバンキングであれば、文字通りネット上から送金をすることが可能です。さらに、毎月何回か振り込み手数料が無料になるというサービスまで付いてくる銀行が多いため、手数料により無駄なコストのカットが気軽にできるのも素晴らしい。興味のある方は、一度、各種ネットバンクのサイトを調べてみてください。